« 2008年家庭菜園第11週目 | トップページ | サンバ祭り再び »

2008年7月 6日 (日曜日)

オクラについた透明卵の正体

前の記事でオクラの葉の裏にハモグリバエの卵らしきものが付いていると書きましたが、インターネットで調べた結果、これは虫の卵ではなく、オクラが分泌するムチンというネバネバ物質であることがわかりました。

と、いうことでツブツブをつぶす必要はないようです。よかったhappy01

|

« 2008年家庭菜園第11週目 | トップページ | サンバ祭り再び »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119369/22112783

この記事へのトラックバック一覧です: オクラについた透明卵の正体:

« 2008年家庭菜園第11週目 | トップページ | サンバ祭り再び »